満月 聖歌隊
今日12日20:24分、満月です。
満月山羊座20度のサビアンシンボルは、

「礼拝の最中、隠れた聖歌隊が歌っている」

向かい側にいる太陽蟹座21度のサビアンシンボルは、

「歌っているプリマドンナ」

満月図では「歌」に関するサビアンシンボルが二つ出てきます。

なので今日は、満月を眺めながら聖歌を聞く、いかがでしょうか。


リーディングルームでよくかけている聖歌はタリス・スコラーズです↓





 

更新ご無沙汰でした。
ブログ1は、新月ごとに更新しています。
http://blog.rema.main.jp/
 
Posted by : REMA | - | 18:10 | - | - | -
火星木星天王星冥王星のグランドクロスがタイトに
火星木星天王星冥王星のグランドクロスがタイトになっていて、大きな事故などが起きていますが、

個人レベルでも、つらいこと、大変なことが起きているようです。

ブログ1 http://blog.rema.main.jp/ にも書きましたように、
個人レベルでは活動宮(牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座)の12度〜16度前後に天体をお持ちの方は、このグランドクロスにかかっているので影響を受けやすいのですが、

そこに天体を持っていない人なのになぜこういうことになるのかと思いつつ人間関係の相手方を読むと、

家族や職場の人、恋人など周囲の関係する人がばっちり持っていて、影響を受けているということもあります。

また、小保方さんは小惑星ジュノー(裁判や意義申し立て揉め事などに関係する天体)がここにあります。

通常、ジュノーは見ないこともあるのですが、今の時期、これが関係していると思われるケースを複数読ませていただいているので、小惑星ジュノーにも要注意と思います。

あと、プログレスやネータルのミッドポイントなどでこの場所にかかっていても、その人なりの困難なことが起こっているようです。

ところで、

数年前、活動宮の初期度数で天王星冥王星困難角度にかかっていた人は、今の困難角度の度数から離れてきたので、少し落ち着いてきていると思いますが、

中には、少し落ち着くどころか、

未知の世界にトライせざるを得ないほど天王星冥王星の困難角度に追い込まれた結果、見事に自分の殻を打ち破り、えーっ!すばらしい!的な新天地が開けた人もいます。

特に蟹座山羊座で持っていた場合、天王星冥王星で破壊され尽くした後に海王星のサポート角度が入っていることもあるのか、

にっちもさっちも行かない状況から、海王星らしいひらめきを得て、その人なりの逆転ホームラン?的な例や、海王星らしい曖昧さで、何だかよく分からないうちに思わぬことから状況好転などの例もあるので、

海王星サポートのほかにプログレスやネータルのほかの天体の影響にもよりますが、

今、先が見えず、つらさピークでも、あきらめず目の前のこと一つひとつに取り組んでいくうちに、天体も少しずつ動いて、状況も変化していくと思います。

 
Posted by : REMA | - | 21:05 | - | - | -
小麦と白砂糖を使った食べ物を極力減らしたら
普段は一日二食、昼食は週2、3回外食(スパゲティ、うどん、サンドイッチなど)になってしまいますが、夜はほとんど自分で作る和食で(白米か玄米、味噌汁、漬物、生野菜か温野菜、おかず)、化学調味料は使わず、味付けは天日干しの塩、酢、てんさい糖、黒糖、醸造しょうゆ、みそ、酒粕、ごま油、オリーブオイル。だしも自分で取るし、漬物も自分でしているし、食事づくりに関しては、よくやっているほうだと思います。

ただ…
出来合いのおやつ、少しぐらいはいいだろうと思って、
チョコレートかドラ焼きかお饅頭かアイスクリームか菓子パンを、
日替わりでどれか一つか二つ買い、食べていました。
買ったものだから、添加物もたくさん入っていますし、白砂糖もたっぷり入っています。

先月、小麦と白砂糖が身体によくないので、せっかく食事に気をつけても、そういうおやつや昼食の食べ方で台無しになる、ということを知り合いから聞いて、理由も説明してもらい(理由は正確に伝えられないので省略します。ネットで検索してみてください)、なるほどそういう理由ならば減らしてみようと思いました。

昼食のスパゲティやうどん、サンドイッチなどをやめて、二食とも極力、和食にして(選択肢がないときは麺類を食べることもある)、チョコ、ドラ焼き、饅頭、アイスなど買うのをやめました。(家にあると食べてしまうから在庫を置かない)

甘いものが食べたくなったら、黒糖の欠片か黒糖アメをなめ、
食間に空腹を感じたら、リンゴやアーモンド、生野菜か温野菜(味付けは塩とごま油)を食べるようにしていたら

3週間で、あっと言う間に体重3キロ落ちました!

体重が落ちたのもうれしいのですが、もっとうれしいのは、食後のだるさや眠気がなくなり、気分も軽く、疲労感が激減したことです。

こんなに簡単でいいのだろうか…

一日一つか二つのドラ焼きか饅頭かアイスクリームを黒糖アメに変えて、あと昼食の麺類・パン類を和食に変えただけなので、空腹感とか我慢感は、予想していたより少なかったです。

小麦と白砂糖を極力減らす、だまされたと思って試してみてください。

2〜3週間で、身体・気分の変化を実感されると思います。
 
Posted by : REMA | - | 10:41 | - | - | -
満月
ブログ1に、満月の記事をアップしました。
http://blog.rema.main.jp/

満月図、すごいことになっています。
これから4月いっぱいは、いろいろなことが起こるかもしれない。

先日、母の納骨を済ませてきました。
ちょうど花見の時期、墓は福島県の郡山にあります。
一族で東北自動車道を北上中、道路沿いの桜が見事でした。

日にちの相談をしたときに、4月はやめようと言ったら、
「なにぃ?角度ぉ?なんだそれ、世界のどこかで毎日何か起きてるんだから、そんなの気にしていられないよ!」
と言われてしまった。

そうだ、気にしていられない。
天災も事故も、偶然たまたま起こるわけじゃない。
何らかの深い意図があって、意味があって起こっている。
角度を知っていたから避けられるというものではないし、
それよりも、日常目の前に起こること一つ一つに最善を尽くそう。

 
Posted by : REMA | - | 10:15 | - | - | -
最近毎日読んでいる本

最近、時間があるときは夢中になって読んでしまうので、ブログ更新がおろそかになっていました。


「ヒマラヤ聖者の生活探求」 ベアードTスポールディング 仲里誠吉(訳)




第1巻〜第5巻まであり、全部読むのに時間がかかりそう。 宇宙人アミシリーズと似たものを感じます。
同じソースから出ているのではないか…

アマゾンの書評コメントで、棺に納めてほしいというようなコメントがありましたが、同感です。棺に納めてほしい。

第1巻はアマゾンで中古品しか扱っていないようです。
紀伊国屋書店新宿本店に新品がズラッと平積みで置いてありました。

Posted by : REMA | - | 19:58 | - | - | -
癌末期、痛いとは限らない
癌末期は、痛みが激しくモルヒネを使うというのはよく聞きます。

母のときも、あちこちに癌が拡がって痛みや息苦しさを訴えていたので、
近いうちモルヒネを使うかもしれないということは医師から言われていました。

それで亡くなる3週間ぐらい前、入院中、見舞いに行くと、
昨日までとうって変わってニコニコと穏やかな顔つきになって、腕を上げてヒラヒラさせているので、

家族に断ってからモルヒネを投与することになっていたのに、断りなく投与されたのかとナースステーションに飛び込んでいったら、使っていない、というのです。

それでまた病室に戻り、母に「腕ヒラヒラはなに?」と聞くと、

お父さんお母さん(母の父母)とパパ(私の父)、けんちゃん(母の弟)がいて、宴会していた。それで楽しくて踊っている、というのです。

せっかく楽しい時間を過ごしていたのに、私が来たことで中断されて少しがっかりした、と。

その前日までは、毎朝6時とか7時とかに電話がかかってきて、
今日は何時に来るの?早く来てと言い、
面会時間ギリギリまで帰らないでと言っていたのに、
その日から、朝電がかかってこなくなり、帰らないでとも言わなくなりました。

母によると、亡くなった家族がそろっていて安心感に包まれている、

会おうと思えばいつでも会えるから不安も寂しさもなくなったということでした。

痛くないの?と聞くと、
痛くないし具合の悪いところもない、と言います。

そのころは食べたり飲んだりはできなくなっていましたが、
お腹も空かないし気分良好だというのです。

痛み止めを使っていないのに、ある日突然、痛みと不快感がなくなり、
あちらの世界と現実とを行き来できるようになるのを目の当たりにして、
不思議でしたし、母の話を聞くのは面白かったです。
(亡くなった父は私にくっついて行くことがあるとか、母が亡くなる1カ月前に亡くなった実家の愛犬は、弟の子が見舞いにくると喜ぶとか)

安らかな安心感に包まれた日がしばらく続き、
穏やかな顔で眠るように亡くなりました。

医師によると、末期の癌患者が必ず激痛を伴うとは限らなくて、母のような例もあるということでした。

そのころ読んでいたのは「喜びから人生を生きる!臨死体験が教えてくれたこと」です。

母の体験と重なるところがありました。
 
評価:
アニータ・ムアジャーニ
ナチュラルスピリット
¥ 1,680
(2013-06-18)

Posted by : REMA | - | 21:22 | - | - | -
母が夢でメッセージを
先週、長くお付き合いいただいているクライアントさんから、
母に対するお悔やみを頂きました。

「最後はどうでしたか?思い出すことが供養になりますよ」
とおっしゃられたのですが、

亡くなって以来、母のことが頭からすっぽり抜けているのですね。

それで思い出すようにしようと思った翌日から、毎晩、夢を見ます。

夢の中で母は必ず、豚肉しょうが焼き、カルビ焼きなどの肉類が食べたい、と言います。

私は、外食では多少お肉を頂くこともあるけれど、
豚肉しょうが焼きとかカルビ焼きは十数年食べていないし食べたいとも思わないのに、

毎晩、笑いながら夢に出てきて、私の耳元で、
肉!肉!肉が食べたいの!とささやくので困ります。

母は、元気なときも闘病中も、肉類が大好き、
実家で闘病中は、弟の嫁と私が食事担当でしたが、
もっと肉類の多い食事にすればよかったのかな。
週一ぐらいで、近所のしゃぶしゃぶ屋さんに連れていったんだけど、
それじゃ物足りなくて、本当は毎日毎食、お肉が食べたかったのかもしれない。

でも私は匂いが嫌いで触るのも苦手なので、
自分が好きな自然食系のものばかり作って、
それが癌にもいい食事なんだから、と思い込んでいたけれど、

母にとっては押し付け以外のなにものでもなかったという、
そういうメッセージかなと思いました。

実家の仏壇にカルビ焼きでもお供えして、謝ろう…

と思った翌日の夢で母は
「本当はお肉大好きだったでしょう?」とささやいたのです。

ハッとして、目がピーンと覚めました。

私は、20代までは肉類が大好きで毎日食べていたし、焼肉やさんにもよく行っていたことを思い出しました。

カルビ焼きは好物だったのに、いつから肉を毛嫌いするようになったのか…

嫌いと思い込んでいるけれど、若いときは大好きだったなんて…

同じ私なのに、
いつ、「好き」が「嫌い」に変換されてしまったのだろう。

好きと嫌いの感情、それについてもっと深く見てごらん、

母が本当に伝えたかったのは、そういうことかもしれないです。

 
Posted by : REMA | - | 19:53 | - | - | -
心配をすると、心配エネルギーが相手にべったり張りついて身動きが取れなくなる
8日未明から、息子は出張のため車で群馬高崎に行きましたが、大雪で夕方、関越道は閉鎖になってしまいました。

宿を探すとか、何か私にできることはないかとメールしたところ、夜7時ごろ仕事が終わり今から国道17号で帰るというのです。

えーっ…無理しないでどこか泊まればいいのに。

リアルタイム検索で国道17号と入れると、アイスバーン怖いとか、大渋滞で進まない、都内着は朝方になりそう、スリップ多発、などの言葉が出てくるし、写真をアップしている人もいて、見たら、とんでもないぐちゃぐちゃ悪路。練馬育ちの息子は雪道に慣れていません。8日未明から出かけて仕事して9日朝方までアイスバーン緊張運転となると、24時間寝ないで集中緊張しっぱなしということになります。やっぱりどこかに泊まって寝たほうがいいのではないかと注意したいけれど、電話したりメールしたりしたら気が散って余計危ない。

息子は私の弟の会社で働いています。

こんな雪の日に出張させる弟に、心配と怒りの矛先が向かい、つい、電話してしまった。

「業務命令で運転中止させて」

「はぁ?この程度の雪で何言ってんの。雪道に慣れるいい機会だ」

「テレビでも不要な外出や運転するなって言ってるから」

「不要じゃなくて仕事。雪だから仕事しませんなんて通用しないよ。テレビ局の人たちも中継車出して仕事してるんだろ?それこそ大丈夫という立派な証拠じゃないか。よその会社だったら、社長に電話するモンスター親と評判になりクビだ」

確かに…

いつもクライアントさんには、

親が子どもを心配すると、心配エネルギーを吹き付けることなって、
べったり張り付いた心配エネルギーでお子さんの身動きが取れなくなるから、やめたほうがいいです、

などと言っているのだから、自分こそ、この心配エネルギーを何とかしなくちゃ、

と音楽をかけましたが、頭の中は心配と夜道アイスバーン画像がいっぱいで音に集中できません。

ベランダに出て外を見ると、ピューピューと不吉な突風音、心配度が増してきます。

このままでは心配エネルギーが伝わり、よけい危ない。

なので、ゆっくり風呂に入ることにしました。

アロマの香りと呼吸に集中し30分ぐらい入っていたら、心配エネルギーはお湯に溶けていき、少しずつ良い気分になってきたので、

まずは弟に対して、余計な諫言をしたことを反省しお詫びと息子に仕事を与え仕事を通して成長させてくれていることに対する感謝の気持ちを想念で伝えていたら、

亡くなった父が、息子の運転する車の屋根の上に座って私に向かって手を振っている画像が浮かんできました。

父のほかにも存在がいましたが、だれなのか分かりませんでした。

あと、17号線のほかの車の屋根にも、運転する人や同乗者に関係する存在が乗っているようでした。

ズラッと並んだ渋滞の車、それを運転する人同乗者それぞれに、守りの存在がちゃんと付いているのです。

人間が余計な心配しなくても、はるかに大きく頼りになる存在が、どの車にもそれぞれ付いていることが分かって、

なんか胸が熱くなりました。

でも、じゃあ、世の中、事故なんか起こらないはずなのになぜ起こるの?と思ったら、

「事故は、たまたま偶然運悪く起きているのではない。守りの存在も納得の上、意味があり必要だから起きている。もしそうなればなったで、最善を尽くし対処することで成長する」

というような感じがしました。
 
ちなみに、
8日は、逆行したばかりの水星が海王星とコンジャクション、
サビアンシンボルはうお座4度「狭い半島での交通混雑」、
大雪の理由は分かりませんが、
逆行水星と水星海王星のサビアンシンボルが、交通トラブルを暗示していました。
 
Posted by : REMA | - | 13:59 | - | - | -
振動波が厳しい…
先週末から昨日ぐらいまで、ネガティブになってしまうような厳しい振動波が来ていて、

そのせいもあってか、クライアントさんからのご連絡やご依頼が集中しました。

この厳しい振動波は、占星術的にはどこが原因かよく分からず、でも時々、全体的に流れてきて、

特定の角度やサビアンシンボルを持っているから特に影響されるというのではなくて、多くの人や社会、自然などに影響を与えるエネルギーなのかなと思います。


厳しい振動波の流れに飲み込まれてしまうと、自分の中のネガティブな感情に気づく機会に恵まれる?というか、

イヤな出来事という具体的現象を通して出てきたり、体調を崩したり、特に理由もない不安感に苛まれたり、不安感が出てくるのであれこれ理由をつけてみたり、イライラしたりするようです。

実は私も土曜日の夜、自分の中にこんなネガティブな感情があるんだ、というような発見がありました。

隠れていたネガティブな感情と同時に不安やイライラも出てきて、胸苦しさを感じながら、

これも自分の中にあるもので自分の一部分なんだなぁ、こんなことを感じていたんだ、とか思いながら、

なるべくそれを否定しないようにして、ただずっとその感情を見続けていたら、

昨日の雪で浄化されたのか、ふーっとラクになった感じがしました。


時々やってくる厳しい振動波の影響、今回はとりあえず終わり、と夕べは思っていたのですが、

今日も、数日前からそういうものを感じるとおっしゃるクライアントさんがいらしたので、

厳しい振動波の名残りは、まだ少し残っているのかもしれません。


ネガティブな感情は扱いが厄介だから、なくなればいいと思いますけど、

ネガティブな感情の立場からすると、

いつもポジティブな部分や光ばかり追って、そこばかり大切に育んで、表に出して、褒められて、

こんなネガティブは自分には必要ない、存在は認めない、お前は厄介者だからあっちへ行け、鬼は外!

なんて否定され隠され奥深くの闇に押し込められていたら、

いじけて悲しくなって、あるいは怒って、

ここにいるぞ、ないふりするな!

と存在を主張したり、悪さをしたくなったりするのかなと思います。


先週末からの厳しい振動波は、よくよく考えれば、

自分の中にあるネガティブな存在に気づくという意味で、

厳しいというよりむしろありがたいエネルギーかもしれないです。

否定せずありのまま存在を認めて優しくヨシヨシしながら見続けたら、どうなるでしょう。

せっかくだから、トライしてみませんか。
 
Posted by : REMA | - | 21:21 | - | - | -
明日は新月

明日1月31日は新月です。
ブログ1に新月図をアップしました。

http://blog.rema.main.jp/?eid=1055493

新月水瓶座11度のサビアンシンボル、
「静かな時間に、男は彼の人生を変えるかもしれない新しいインスピレーションを受ける」

今日の話題、STAP細胞というのですか、医療に革命をもたらすような発見みたいですけれども、

個人レベルでも人生を変えるようなひらめきが降りてくるといいです。

Posted by : REMA | - | 22:39 | - | - | -
TOP